Web制作会社は公務員時代の雰囲気が真逆だった話【公務員から民間】




こんにちは、元地方公務員、いまはWeb制作会社で働き始めたアヤトです(^o^)

公務員から民間企業に転職した人は、いろいろ比較するかもしれません。

公務員は本当に昔ながら雰囲気ってところも多いと思います。

いまの会社は公務員時代とは比べ物ならないくらいのカジュアルな雰囲気でした。

この記事では、公務員時代とは違う点や、なぜカジュアルな雰囲気を心がけているのかについて書いていきます。

もちろんWeb制作会社によって雰囲気はバラバラかと思いますが、こんな雰囲気だよ〜っていうのが参考になればと思います。

地方公務員時代とWeb制作会社との違いのあれこれ

社内で音楽が流れている

これはびっくりしました!

社内ではFMラジオが流れています。

仕事しているときはなんかBGMほしいなあと思っていたのですが、市役所ではもちろんそういうのはありません。

流れていたら間違いなく市民から苦情入りますね。汗

先日の飲み会では、「なんとなくFMラジオにしているんだけど、飽きてきたからみんながお気に入りの音楽流したりもいいよね〜」っていうお話になったりもしました。

やっぱりBGMがあると、リラックスして仕事ができていいですね。

服装自由

男性の方はジーンズにパーカーで出勤していますし、女性の方はネイルもふつうにしていて髪の色も明るめです。

市役所では男性はスーツ、女性はオフィスカジュアルな服装です。

市役所なのにわりと女性職員はネイルしている子もいたり、髪の毛が明るい子もいましたけどね・・。

社内のやり取りはフランクな感じでOK

会社ではプロジェクト管理ツールをメインに仕事を進めて、そのほか雑談や情報共有などはslackでやり取りする感じです。

基本的に社内なら絵文字、顔文字使用OKで、敬語をきちんと使わないといけないとかもなく、フランクな感じでいいよと言われました。

お昼休みの取り方も自由

12時から13時までが基本お昼休みかなと思うのですが、自分の好きなタイミングで1時間休憩をとってOKです。

13時から14時までだったり、12時半からとかでもOK。

社内にはゲームや漫画が置いてある

みんなゲーム、漫画、アニメ大好きなので、ふつうに置いてあります。

勤務中にはやりませんが、たまにみんなでゲームをしたりしているみたいで、遊びの心も大事にしているそうですね。

遊びが仕事のアイデアにつながるかもしれないっていうところからのようです。

カジュアルな雰囲気にする理由

創造性を引き出すため

どうしてカジュアルな雰囲気にするんだろう?と思ったところ、”つくる”ことが仕事だから、堅い雰囲気だといいアイデアも生まれにくいからです。

そのため、リラックスした雰囲気を出すためにBGMを流したり、社内もフランクな感じでOKにしているみたいです。

わたしはコーダー担当になりますが、仕事はみんなで考えるというのを基本にして、Webデザインもどんどん意見を出してほしいと言われました。

なのでリラックスした雰囲気を作って創造性を引き出そうっていうことなんです。

地味な作業が多いので、少しでも楽しい雰囲気を出すため

Web制作の仕事は基本的に派手な仕事はなく、地味な作業のほうが多いので、だんだん嫌になってくるときも多々あるそうです。

少しでも楽しい雰囲気を作って楽しく仕事をするというのを大切にしたいとのことでした。

また、雑談や愚痴も遠慮なくしていいよと言われました。

大切なことはためこまないことなので、とにかく楽しくやろう!っていう感じです。

公務員と民間のギャップに驚きつつ、慣れていこう

本当に真逆のところに行ったなあと思いました。

でも、カジュアルな雰囲気は求めていたので嬉しいです。

堅い雰囲気が嫌いで、公務員時代もわりとわたしは雑談をけっこうする方でした。

そうしたほうが雰囲気も和むので相談もしやすくなるしいいなと思うんですよね。

メリハリをつけて仕事をするのは大事なことだと思います。

それではっ








ブログの更新通知を受け取る

最新情報をすぐに受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA