プロフィール

初めまして!ブログ管理人アヤトです

はじめまして!アヤト(♀)と申します(^o^)丿日本とフィリピンのハーフで、フィリピンとスペインのクォーターの混血児です。

元公務員、小さなWeb制作会社での勤務を経て、2021年1月〜フリーランスのWebライターとして活動中。

(ほぼ)新卒で市役所へ入庁し6年間半勤めた後、退職。メンタルを崩して2回休職し、2回目の休職のタイミングでそのまま退職という形でした。

管理人アヤトの生い立ち

私の小学校時代〜短大時代

私は公立の小学校→中学校→高校→私立の短期大学の英文学科を卒業しています。ゲームが大好きで、好きなキャラの小説や絵を描いたりして楽しんでたオタク系の女の子でした。

過去にイラストサイトや小説サイトを作っていたこともあります、黒歴史ですけどね。笑

人付き合いが苦手で、2,3人が限界。そのため、高校を卒業するまではグループに入らないといけないとか面倒な風潮があって楽しくなかったんですよね。

短期大学に入ってからは、人間関係がラフになったし、女子短大だったのでとにかく気楽で楽しかった思い出でいっぱい。

なお、新卒での就活は失敗しています。母親から「絶対公務員にならないとダメ」と言われ、あんまりやる気が出ないまま勉強してたので、案の定一次試験で落ちたんですよね。

卒業後、実家に帰って市役所の臨時職員として働きながら、公務員試験の勉強をすることになりました。

公務員試験の勉強期間は、母親からの圧力でメンタルがやられる

公務員試験の勉強期間は悲惨でした。私の母親は毒親に近い存在。母親から「絶対公務員試験に合格しないと許さない」と毎日言われ、「落ちたらどうするんだ」「落ちたら出て行け」と追い詰めるような言葉をたくさん浴びました。

「公務員以外は意味ない仕事だ」みたいな言い方をされたため、私はある意味、洗脳されてしまったのです。その結果、「公務員試験に落ちたら、私はゴミ以下。生きていけない、私は死なないといけないんだ」と思い込むようになったんですよね。

毎日のように自分自身を否定されるようなことを言われて、生きていることを否定されるような気持ちになり、すごく心が消耗して疲れました。幸いにも試験に合格しましたけど、あの時の辛さは本当に計り知れませんでした。

この時の記憶が、公務員でいることが死ぬほど辛いのに、なかなか辞められないという負のスパイラルを生み出したんですね。そして辛くても「絶対に」頑張らないといけない、と自分を追い詰める性格になったのもこの経験がきっかけです。

公務員になったけど、合わなくて悩み続け、2回の休職を経験し退職

(母親の)念願の公務員になりましたが、尊敬する上司や先輩に囲まれていたはずなのに、なぜか頑張れない自分がいました。

こんなに環境がいいのに、頑張れない。そんな違和感を覚えながら過ごし、次の異動先は人も仕事もブラック部署へ。1年間頑張ったけど、耐えきれず休職します。

その時に何度か辛いことを母親に相談していたのですが、「辛くても頑張れ、辞めるな」と言われたんですね。

この一言は、ショックでした。消耗して疲れ果てていたから、「辛かったら逃げてもいいよ」と言ってほしかったんです。

やっぱり私の身体よりも、公務員でいる私が優先なんだ、と思ってしまいました。そして休職中、「公務員辞めたら人生終わり、負けだ」と言われ、その言葉がさらにショックを与えてしまい、それ以降会うのをやめて距離を置くことに。

5か月間休職し回復してきたところで、「次ダメだったら退職しよう」と胸に秘め、復帰することを決めました。しかしまた休職してしまい、組織が合わないことに気が付いてこれはもう退職するしかないと考え、次やることを決めて退職しました。

なお、母親と距離を置いてからは2年以上会っていませんが、それでも少しずつ連絡を取ったり修復傾向にはあります。

公務員が合わなかった原因はHSP気質だということに気付き、退職を決意する

公務員時代、わたしはいろんな人と関わりながら仕事を進めることがものすごく苦手でした。些細な一言や表情で「怒ってるのかな」「わたしのせいで不快にさせたかな」とものすごく気にしてしまい、それがいつまでも抜けない状態が続きました。

だから仕事が終わる頃には勝手に気疲れしてぐったりすることがすごく多かったのです。実際、わたしの気にしすぎなだけだったのですが。

それはきっとわたしが人と関わることに慣れていないからだと思い、人と関わることを増やすべくいろんな活動にチャレンジしました。

  • 職場の自主研究グループに入って交流しながら、講座を企画してみる
  • いろんなボランティア活動をやってみる
  • イベントの実行委員会に入ってみる
  • イベントにたくさん参加して情報発信してみる

自分なりに努力してみたつもりだったけど、仕事で活かすことはできませんでした。そんな時、HSPという言葉を知り、見事にわたしに当てはまることばかりだったんですよね。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とはざっくり言うと「とても敏感な人」のことを指します。

HSPの特性(一部)
  • 人の気持ちにとても敏感で、ちょっとしたことにも気が付く
  • 些細な一言に気が付いて忘れられない
  • 映画や本などに感情移入して号泣してしまう
  • 人が怒られていると自分のことのように感じる
  • 大きな音に敏感で驚きやすい
  • 友達といるのは楽しいけど、どっと疲れてしまう

新宿ストレスクリニック様のホームページで詳しく解説されています。

これは病気でもなんでもなく、特性なので治療法などもありません。だからそういう自分を受け入れて、自分に合った環境にいくことが最善策だと思ったんですね。

そうなると公務員という大きな組織にいて、人と関わることはこれ以上難しいと思いました。そして別の道を歩むべく、辞めることを決意します。

公務員を退職後、Web制作業界へ転職、副業でブロガー、ライターにも挑戦

公務員を辞めた後は独学とオンラインサロンを活用してWeb制作の勉強をし、3ヵ月後に知り合いのつてで小さなWeb制作会社で働くことになりました。

この仕事をしようと思った理由は、以下に当てはまったからです。

  • 興味がある仕事
  • 組織に縛られなくてもやれそうな環境
  • 公務員の時よりも対人が少ない環境
  • 将来的には1人でもやれる可能性がある
  • パソコン一台でもできる仕事

おかげで今は、公務員時代よりもかなりストレスが軽減され、楽しく働いています。また、文章を書くことが好きなのでこのブログと、クラウドソーシングでWebライターにもチャレンジしました。

2019年10月に結婚し2020年1月に北海道から長野県へ。リモートワークを始める

2019年10月に当時の彼氏(今の夫)の転勤が決まり、悩んだ末着いていくことを決意して結婚しました。

地元を離れてしまうから職場を辞めざるを得ないので、フリーランスになろうかとも考えましたが、ありがたくもリモートワークという形で継続して働けることになったのです。

そして長野県に引っ越し、いまは在宅でリモートワークをして

【追記】2020年12月をもって退職し、2021年1月からフリーのWebライターとして活動スタートしました!

このブログの趣旨について

このブログでは、公務員の休職・退職、メンタルや健康に関すること、その他コラム記事をメインに書いています。

合わない仕事を続けること組織にいることの辛さに限界を感じ、途中で精神的にダメになり2回休職した経験など、同じく悩んでいる人たちに伝えたいと思いこのブログをはじめました。

↓公務員の休職・退職に関するまとめ記事については下記の記事からどうぞ↓

公務員の休職・退職記事まとめ

2019年9月5日

ブログを通じて同じことで悩んでいる人の心に寄り添えたらいいなと思っています。私の経験が、少しでも悩める誰かのお役に立てますように!

ブログの実績・お問い合わせについて

  • 最高月間PV 40,000PV 達成
  • 累計PV 700,000PV 達成
  • 企業から執筆依頼数件受注
  • テレビ取材依頼を受け出演

ライターのお仕事も随時募集しております。

お問い合わせやお仕事のご依頼・ご相談などありましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。