プロフィール

【少しずつ更新中】

初めまして!管理人アヤトです

簡単な自己紹介

はじめまして!アヤト(♀)と申します(^o^)丿

元公務員で、本業はWeb制作会社でコーダー、副業でブロガー&Webライターとして活動中。

日本とフィリピンのハーフで、フィリピンとスペインのクォーターの混血児でもあります。

(ほぼ)新卒で市役所へ入庁し、6年間勤めた後、退職。

メンタルを崩して2回休職し、2回目の休職のタイミングでそのまま退職という形でした。

管理人アヤトの生い立ち

私は日本人の母親とスペイン系フィリピン人との間で産まれた混血児

私は日本とフィリピンのハーフで、フィリピンとスペインのクォーターです。

しかし産まれる前に父親はすでに母国へ帰り、一度も会ったことがないため、日本語しか話せません。

この事実は、私が社会人になってからあるきっかけで知り、幼少期からいた父親は再婚相手でした。

それでも長年一緒にいた父親ですから、本当の父親同然で、今でも関係は良好です。

↓複雑な家庭については、下記の記事からどうぞ↓

本当の父親が外国人だということ知った経緯とその結末

2018年9月13日

【実の父親は外国人】会いたい気持ちはあるけど、会う方法はない

2019年7月16日

社会人になるまでは個性のある容姿がコンプレックスだった

小学校時代は特に、ハーフであるがゆえ、濃い顔と地黒であることをよくからかわれました。

また、名前がカタカナなので余計に珍しいわけです。

当時話題になっていた「猿の惑星」だとか、「クロンボ」「原始人」とか、高学年の子などから陰でクスクス笑われたことを鮮明に覚えています。

でも事実を知ったのは大人になってからだったので、両親は顔が薄いのにどうして自分は顔が濃いのかわからなかったんですよね。

だから私だけみんなと違うという感覚に陥り、自分の個性=悪のように思っていました。

そのため、私は誰よりも自分の容姿に強いコンプレックスを抱き、「どうやったら薄い顔になれるんだろう」と悩んでいましたね。

気にし過ぎなところもあったのですが、それでも自分にとって大きな悩みだったのです。

でも社会人になってからは、この個性を「素敵!」と褒めてくれるようになったり、顔を覚えてもらいやすくなって少し自信を持つことができるようになりました。

私の小学校時代〜短大時代

私は公立の小学校→中学校→高校→私立の短期大学の英文学科を卒業しています。

ゲームが大好きで、好きなキャラの小説や絵を描いたりして楽しんでたオタク系でした。

人付き合いが苦手で、2,3人が限界。

そのため、高校を卒業するまではグループに入らないといけないとか面倒な風潮があって楽しくなかった。

短期大学に入ってからは、人間関係がラフになったし、女子短大だったのでとにかく気楽で楽しかったです。

もともと英語が好きで、グランドスタッフになりたくて女子短期大学の英文学科を専攻していました。

ですが結局ほとんど英語は話せず、高校の英語の延長を勉強できた程度で卒業。

なお、就活は失敗しています。

母親から「絶対公務員にならないとダメ」と言われ、あんまりやる気が出ないまま勉強してたので、案の定一次試験で落ちたんですよね。

卒業後、実家に帰って市役所の臨時職員として働きながら、公務員試験の勉強をすることになりました。

公務員試験の勉強期間は、母親からの圧力でメンタルがやられる

公務員試験の勉強期間は、悲惨でした。私の母親は毒親。

母親から「絶対公務員試験に合格しないと許さない」と毎日言われ、「落ちたらどうするんだ」「落ちたら出て行け」と追い詰めるような言葉をたくさん浴びました。

「公務員以外は意味ない仕事だ」みたいな言い方をされたため、私はある意味、洗脳されてしまいました。

「公務員試験に落ちたら、私はゴミ以下。生きていけない、私は死なないといけないんだ」と思い込むようになったんですよね。

毎日のように自分自身を否定されるようなことを言われて、生きていることを否定されるような気持ちになり、すごく消耗しました。

幸いにも試験に合格しましたけど、あの時の辛さは本当に計り知れませんでした。

この時の記憶が、公務員でいることが死ぬほど辛いのに、なかなか辞められないという負のスパイラルを生み出したんですね。

そして辛くても「絶対に」頑張らないといけない、と自分を追い詰める性格になったのもこの経験がきっかけです。

公務員になったけど、合わなくて悩み続け、2回の休職を経験し退職

(母親の)念願の公務員になりましたが、尊敬する上司や先輩に囲まれていたはずなのに、なぜか頑張れない自分がいました。

こんなに環境がいいのに、頑張れない。

そんな違和感を感じながら過ごし、次の異動先は人も仕事もブラック部署へ。

1年間頑張ったけど、耐えきれず休職します。

その時に何度か辛いことを母親に相談していたのですが、「辛くても頑張れ、辞めるな」と言われたんですね。

この一言は、ショックでした。

消耗して疲れ果てていたから、「辛かったら逃げてもいいよ」と言ってほしかったんです。

やっぱり私の身体よりも、公務員でいる私が優先なんだ、と思ってしまいました。

そして休職中、「公務員辞めたら人生終わり、負けだ」と言われ、その言葉がさらにショックを与え、距離を置くことにしたんです。

5か月間休職し、回復してきたところで、「次ダメだったら退職しよう」と胸に秘め、復帰することを決めました。

しかしまた休職してしまい、組織が合わないことに気が付いてこれはもう退職するしかないと思い、次やることを決めて退職しました。

なお、母親とは2年経った今もまだ会っていませんが、それでも少しずつ連絡を取ったり修復傾向にはあります。

公務員を退職後、Web制作業界へ転職、副業でブロガー、ライターに

公務員を辞めた後は独学とオンラインサロンを活用してWeb制作の勉強をし、3ヵ月後に知り合いのつてでWeb制作会社で働くことになりました。

この仕事をしようと思った理由は、以下に当てはまったからです。

  • 興味がある仕事
  • 組織に縛られなくてもやれる
  • 公務員の時よりも人とあまり関わらない
  • 将来的には1人でもやれる可能性がある
  • パソコン一台でもできる仕事

おかげで今は、公務員時代よりもかなりストレスが軽減され、楽しく働いています。

また、文章を書くことが好きなのでこのブログと、クラウドソーシングでWebライターにもチャレンジしました。

今は駆け出しですが、今後うまくバランスを取りながら、複業的に収入を得る生活をするのが今の目標です。

趣味や好きなこと

音楽とオタク的なことが大好きなインドア派の人間です。

◆一人が好き

基本的に1人が好きで、1人でどこでも行ける派ですね。

大人数は疲れちゃうので、たまに程度でいいかな。

↓1人が好きなことについては、下記の記事からどうぞ↓

1人行動が好きな5つの理由【親友は自分】

2018年9月20日

◆音楽のこと

自称音楽Junkieでして、音楽を心から愛し、1日のほとんどは音楽を聴いています。

R&B/Hip-Hop/House/Jazz/Bossa Nova/Future Funk/City Pop/ボーカロイド/ゲーム音楽 いろいろ

基本はブラックミュージックを好みますが、ジャンル問わずとにかくいいものはいい!スタイルで色々聴きます。

クラブも好きで、好きなイベントがある時は1人で行っちゃうくらい。

フロアで1人でひたすら音楽を聴いて酔いしれてる系ですね。

DJにも少し興味があってちょっとだけオモチャでDJごっこしてることもあります。

↓クラブが好きな話については下記の記事からどうぞ↓

クラブは怖い?チャラい?非パリピの私が疑問に答えます

2018年9月19日

◆オタク的なこと

社会人になってからあまりしなくなりましたが、めちゃくちゃゲーマーでした。

RPGとアクションゲームメインで1日中やって引きこもる毎日でしたね。

学生時代はアニメとニコニコ動画にハマっていたので、にわか知識ですがそっち方面の話は大体わかります。

昔はイラストも描いていたり・・。

◆姿勢改善トレーニング

冷えや体調の悪さは姿勢の悪さから来ていることを知り、ストレッチ専門「SSS(スリーエス)」に通い始めました。

通い始めてから姿勢もだいぶ改善されて、自宅トレーニングも真面目にやるようになったりいいことだらけ。

体験談について書いています。

↓スリーエス体験談↓

ストレッチ専門スタジオSSSで驚きの効果!美姿勢になれば細くなる

2018年12月23日

◆お酒

お酒が好きで、余裕で居酒屋、バーに1人で飲みに行きます。

好きなお店を見つけたらずっと通うタイプですね。

特に日本酒(辛口)が好きで、ゆっくり味わうのが至高のひとときです。

↓1人飲みが好きなことについては下記の記事からどうぞ↓

お酒が好きなら一人飲みがオススメ!メリットやお店の選び方

2018年9月15日

このブログの趣旨について

このブログでは、公務員の休職・退職、メンタルや健康に関すること、その他コラム記事をメインに書いています。

合わない仕事を続けること組織にいることの辛さに限界を感じ、途中で精神的にダメになり2回休職した経験など、同じく悩んでいる人たちに伝えたいと思いこのブログをはじめました。

↓公務員退職については下記の記事からどうぞ↓

公務員退職しました!当日の退職の流れと挨拶回りの反応

2018年10月1日

ブログを通じて同じことで悩んでいる人の心に寄り添えたらいいなと思っています。

私の経験が、少しでも悩める誰かのお役に立てますように!

お問い合わせについて

お問い合わせやお仕事にご依頼・ご相談などありましたら、お問い合わせフォームもしくはツイッターのDMからお気軽にお問い合わせください。