【20代】カラコンをやめたいあなたにやめるメリットと方法を紹介




こんにちは、アヤトです(^o^)丿

元カラコン依存症で、ナチュラルになるべく26歳の誕生日を機にカラコンを卒業しました!

カラコンって手軽に瞳を大きく見せてくれる魔法のアイテムですよね。

「すっぴんでもカラコンだけは絶対にする!」

「カラコンは絶対に卒業できない」

と思いながらも心の中では

「カラコンは盛れるけどそろそろやめ時かも・・」

でもやめる勇気が出ないしどうしたらいいのかな・・」

という方もいるのではないでしょうか?

元依存症の私もそうでした。

でも、カラコンって盛れる反面、不自然に見えたりずれないようにしたり色々と気を遣いませんか?

カラコンを卒業できたら、あなたの顔は自然な美しさを取り戻せる上に、ストレスフリーになりますよ!

この記事では、カラコンをやめたいあなたのための、やめるメリットと方法を紹介しています。

先に結論を書くとこんな感じです。

カラコンをやめるメリット・やめる方法

【メリット】

  • やめてもすぐに見慣れるしむしろ裸眼の良さに気付く
  • 印象の変化に気付いて褒められることが増えた
  • カラコンがずれる心配をする必要がなくなった
  • 外した時のギャップによるストレスがなくなった

【やめる方法】

  • 何かの節目にやめる
  • 裸眼の時間を増やして見慣れていく
  • とりあえず今よりも裸眼に近いカラコンにしてみる

カラコンをやめた3つの理由

geralt / Pixabay

私が使っていたのはワンデーアキュビュー ディファイン ヴィヴィッドスタイル(ブラウン)でした。

厳密に言うと、カラーコンタクトではなくサークルレンズですね。

ディファインは極端に不自然ではないですが、印象はやっぱりガラリと変わるものでした。

盛れるけどやっぱり不自然だから

カラコンってどうしてあんなに盛れるんでしょうね。

カラコンのアリ、ナシでは瞳の大きさが全然違います。

私もカラコンだけは絶対にやめられない!と思っていました。

でも、ある時カラコンをしている女性の顔をじっと見ていたら違和感を感じたんです。

カラコンをした目って表情が無いんですよね。

口元は笑ってても目が笑ってないんです。

笑顔って誰もが持っている最高の武器ですよね。

しかし、カラコンだと目が笑っていないゆえに魅力が半減してしまうことに気が付きました。

みんなと同じ顔になるから

流行りの顔になるならまずはカラコンってくらい、カラコンをすると同じ顔になります。

例えば動画投稿サイトの広告に出てくる女の子ってみんな同じ顔に見えませんか?

その女の子の共通点はカラコンをしていることです。

みんな無機質な表情で同じ顔に見えて怖くなります。

個性を大切にするなら、やっぱりカラコンは違うなあ思ったらやめたい気持ちが強くなりましたね。

自分の年齢が25歳を過ぎたから

私は26歳になる誕生日を機会にカラコンをやめました。

カラコンは個人的に20代前半がいいところだと思います。

30、40歳を過ぎてカラコンに依存するのは若く見えるのではなく、若作りと思われる可能性が高いです。

でもメイクは自己満足なところもあるので、この顔じゃないとイヤな気持ちもすごーくわかります。

少しでもかわいく見えるならやめたくないですよね。

私の場合、憧れだったモデルさんが25歳を過ぎたあたりから、ギャルメイクからナチュラルになっていくのを見たことがきっかけでした。

元々の顔が綺麗だからというのもありますが、やっぱりカラコンやめた顔の方が自然ですごく美人だなあと思います。

カラコンをしているときの瞳はすごく無機質ですが、外すと一気に表情も自然に見えて雰囲気が変わるんですよね。

私も早くそれになりたいと思ったので、今はやめられないけど25歳過ぎたら・・と考えるようになりました。

カラコンをやめて良かった4つのこと

estall / Pixabay

え、ぜんぜん大丈夫じゃんって思った

もちろんカラコンをやめた当初は違和感がすごくて、「うわブス!こんな顔じゃ外歩けない」と思っていました。

でも正直3日くらいで見慣れました。

むしろ無い方がすごく自然で絶対にいいし、なんであんなに依存してたのかが不思議でした。

肝心なやめる勇気がなかなか出ないのですが、やめてみたらすごくこの気持ちわかると思います。

男女問わず褒められることが増えた

これが一番大きな変化でした。

「あれ?なんか雰囲気変わった?」

「前より綺麗になったね!」

うれしい言葉いただくことが増えました。

お世辞かもしれませんが、素直に受け止めています。

カラコンをやめてから言われることが多くなったので、印象が変わったのは間違いないと思います。

一番印象に残る顔の部位ってどのランキングを見てもトップは目ですよね。

そのくらい、目の印象が変わると相手の反応が変わります。

また、メイクに疎い男性からも何となく変化に気が付いたようで、特に目上の男性から褒められることが多くなりました。

カラコンがずれるのを気にする必要がなくなった

カラコンってずれたらめちゃくちゃホラーで怖いですよね。

特に乾燥している日は最悪です。

コンタクトは装着してから12時間以上経過すると、一気に乾きやすくなります。

自分では気が付かなくても、たまにずれてることがあるんですよ・・。

ずれると目の焦点がおかしくなるので恐ろしい顔になっています。

気が付いたら片方だけ外れていたなんてことも・・(私がそうでした)

しかしやめたらそういう心配は一切不要です。

ふつうのコンタクトレンズがずれても焦点がおかしくなることは無いのでとっても快適です。

外した時のギャップに衝撃を受けるストレスが無くなった

カラコンは無条件で目が大きく見えるので、外したらギャップがすごすぎて毎回落ち込みませんか?

私もよく「あ・・・本当の私だ・・・まじでブスだな」と現実に戻っていました。

それがあるから依存しちゃうんですよね・・すごくわかります。

でも、違和感って最初のうちだけですぐに慣れますし気にしなくなりますよ。

逆にいまカラコンしたら、「うわ、変に目がでかいし違和感・・カラコンやめて良かったな」っていう気持ちになります。

カラコンをやめる3つの方法

geralt / Pixabay

何かの節目にやめる

例えば、自分の誕生日や25歳、30歳など何かの節目にやめる方法です。

私の場合は、25歳過ぎたら卒業しようと思っていたので、26歳の誕生日を節目に卒業しました。

いきなりやめるのってけっこう勇気がいることですが、どうしてもやめたい気持ちがあるなら思い切ってやめたほうが断然いいですよ。

裸眼の状態の時間を多く作っていく

これはカラコンをしていない自分に見慣れるためにやる方法です。

例えば、カラコンを外すタイミングをお風呂に入る前から、帰宅後すぐに外してみると裸眼の時間が増えます。

目にも良いですし、裸眼の自分と向き合うチャンスです。

最初は裸眼の自分に嫌気がさしますが、不思議なことに段々慣れてくるものです。

カラコンしてなくても大丈夫かも・・?と思い始めたらやめられるチャンスです。

裸眼に近いカラコンにしてみる

最近だと裸眼っぽいカラコンもあるので、ちょっとずつ裸眼に近付けていくのも1つの方法です。

いまつけているカラコンの着色直径が大きめのものであれば、少し小さいサイズにしてみるのはどうでしょうか。

もしくは、ブルーやグリーンなどの発色の強いカラコンの場合、ナチュラルなブラウンにしてみるのもいいですね。

まとめ:カラコンしなくてもあなたは素敵です

thisismyurl / Pixabay

カラコンやめても大丈夫です。

すぐに見慣れますし、カラコンやめたら印象も変わっていいことだらけです。

大きい瞳を意図的に作るのもいいですが、一番はナチュラルな瞳であることが一番の魅力です。

自信を持ってやめましょう!

少しでも参考になったらうれしいです。

それではっ








ブログの更新通知を受け取る

最新情報をすぐに受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA