職業が公務員であることを隠す理由!周りの態度が変わるから言いたくない話




こんばんは、元公務員のアヤトです。

現在公務員のあなたは、初対面の人やお店などで自分の職業を聞かれたらどう答えていますか?

わたしはなるべく人に言いたくない派で、適当に事務系ですとか言ってごまかすタイプでした。

なぜなら公務員だということを明かしたら嫌な経験をすることが多かったため、職業を明かすメリットがあまり無いからです。

ということで今回の記事では、具体的にどんな経験をしたのかをお話していきます。

この記事を通じて「あるある!」と思っていただけたら幸いです。

公務員という職業を明かして嫌な経験をした話

今まで自分の職業(公務員)を明かして経験した嫌な体験は主に3つです。

  • 生命保険の契約やエステに行くと高いものばかり勧められる
  • 公務員と知った瞬間に嫌な態度をされた
  • 「高給取りなんだから」「お役所だから」と言われる

この3つについて詳しくお話していきますね。

生命保険やエステで無駄に高いものばかり勧められる

Free-Photos / Pixabay

生命保険やエステに行くと「そこまで必要?」ってぐらい高いものばかり勧められます。

間違いなく「お金持っているからいいお客さん」だと思われるからなんですよね。

「公務員だから払えるよね?」みたいな感じの対応なんです。

生命保険だとやたらとオプション付けようとしたり、エステだとグレードの高い化粧品ばかり勧めてきたりとか。

これ以外にも不動産関係でも同じような経験をされた方もいるでしょう。

これ、違和感感じませんか?

世間が思うほどお給料高くないし、わたしは20代前半で手取りで12万〜14万円くらいでしたよ。(田舎の方で残業が無いと)

一人暮らししてたときはボーナス切り崩す生活でしたから、お金に余裕なんて当然ありません。

特に断るのが苦手な方にとっては辛いんじゃないかと思います。

わたしもそのタイプで、押し売りされて断れずに買ってしまってお金を無駄にしてしまった経験がありますし・・。

そのため、なるべく公務員であることを明かしたくないのです。

公務員と知った瞬間に嫌な態度をされた

yvonnecyw0 / Pixabay

公務員であることを知った瞬間に「は?公務員?」みたいな態度をされたことが何回かありました。

「とにかく公務員が嫌い!」という公務員アレルギーの方が一定数いるんですよね。

私の経験で言うと、街で知り合いのお店で飲んでいた時のことでした。

マスターの知り合いがお店にやってきてわたしを紹介してくれたんですよね。(別にしなくて良かったのに・・)

「この子アヤトちゃんって言ってさ、市役所にいる子なんだよね!」と言ったところ、あからさまに嫌そうな顔をされて無視され「あ、公務員が嫌いなんだな」とすぐにわかりました。

直接嫌なことを言われたわけではないですが、態度がモロだったのでけっこう傷つきましたね。

もしかしたら市役所で嫌な経験をされたのかも知れないけど、でもわたしは関係ないんですが・・と思いつつ。

わたしの元上司の経験だと、上司が入院していたときに隣にいた人と職業の話題になり、市役所で働いていることを言った途端に態度変えて、

「市役所って感じ悪いよね〜」と嫌味をたくさん言われたそうです。

また、部署で飲み会を開くときも市役所という名前を出さないようにしたりとかもあったし、別に悪いことをしているわけでないのに後ろめたい気持ちで隠すという場面が多くありました。

ちなみにセミナーでも自己紹介する場面で隠す人もけっこういるんですよね。

自己紹介で「医療系で働いています」と言っていた人が、あとから市役所の職員だったということもありました(笑)

それだけ職業を知られて嫌な経験をしたことがある人が多いのでしょうね。

「高給取りなんだから」「お役所だから」とやたら言われる

sallyjermain / Pixabay

今までのお話と通じるのですが、「公務員だから」みたいなことをよく言われますね。

それだけ公務員という職業を特殊な目で見られている(勘違いもされてる)からなのだと思います。

わたしがよく行ってた靴屋さんでは、「高給取りなんだからいっぱい買ってよ〜」って冗談交じりに言ってきたり、

有給を取った話とか車を買った話をすると「お役所だからいいよね」とかも言われました。

(車は田舎の生活に必須だから買わざるを得ないし、ローン組んでの支払いですけどね汗)

わたしが20代前半のときの話なのですが、これで苦い経験をしたので、それ以降なるべくプライベートな話をしないようになりましたね。

また、SNSでも同様に慎重に発言するように心がけました。意外とSNSの発言は注意深くしたほうがいいんですよね。

例えば飲みに行った話や休暇を取って旅行した話をたくさんすると「公務員はお金と時間があっていいよね」と影で言われているのを目の当たりにしたことがあるからです。

そのため、公務員であることを知られている場合は、「公務員だから」という言い方をされることがあるので、少しでも贅沢っぽく聞こえる発言は避けたほうが無難かなーと思います。

公務員であることの後ろめたい気持ちは何なんだろう

公務員時代は自分の職業を明かすのが嫌で、初対面の人に職業を聞かれたら「事務系の仕事しています〜」と適当にごまかしていました。

公務員であることを明かしたくないと思っている方は意外と多いんじゃないかなーと感じています。

それにしてもなぜここまで後ろめたい気持ちにならなければいけないのでしょうか。

ある先輩は「公務員としてしっかり仕事しているんだから、むしろ自信持って明かすべきだよ」と言われたことがありました。

確かにそういう考え方でいれば、後ろめたい気持ちにはならないのかも知れません。

しかし実際の公務員に対する反応ってあんまり良くないことのほうが多く、SNSを見ていても「これだから公務員は」という括りにされることもしばしばです。

マジメに頑張って働いているにも関わらずね。

そのため、可能なら職業はなるべく明かさないのがベストだと思っていた側の人間でした。

少しでも共感していただけたら幸いです。

それではっ








ブログの更新通知を受け取る

最新情報をすぐに受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です