アラサー未経験、スキルほぼナシでWeb制作会社で働いてみた体験談【辛い?】




こんばんは、元公務員のアヤト(@Web00073775)です。

現在Web制作の仕事がしたくて勉強しているあなたのためにこの記事を書きました。

私は昨年の12月からコーダーとして働き始め、ちょうど半年経ったところです。

採用に至った流れは以下のような流れでした。

  • 8月からWeb制作の勉強を独学で始める
  • 9月に公務員(市役所)を退職
  • 12月末にコーダーとして採用

学習期間がたった4か月という短かさもあり、レベル的にはめちゃくちゃ時間かかって1ページ作れるようなスキル

後はこのWordPressのブログを運営していましたが、テーマを作れるわけでもなく、管理画面の触り方がわかるくらいでした。

前職の公務員の時ももちろん、Webに触れる機会はホームページの更新(超簡単)くらいで、サーバーの知識もない状態。

こんなレベルで採用された結果、実際に働いてみてどう感じたかについてお話していきますね。

アラサー未経験、スキルほぼナシ状態でWeb制作業界へ転職して感じたこと

アラサー未経験、スキルほぼナシ状態での転職は、大変なことは予測していたものの、想像以上に大変なものでした。

学生時代に特にWebに関するものを勉強していたわけではないので、本当に何もかもがハテナな状態。

そんな中、感じたことは以下の3つです。

  • スキル不足過ぎて、辞めて出直そうかと思った
  • やっていることが意外と幅広かった
  • 辛いこともあるけど、やりたい仕事だから頑張れた

一つずつ詳しくお話していきますね。

スキル不足過ぎて、辞めて出直そうかと思った

採用された当時の私のスキルセットはこんな感じでした。

スキルセット
  • HTML/CSS 4ヶ月弱
  • jQuery progateで2周
  • Javascript progateで2周
  • PHP progateで2周
  • WordPress 5か月 ※管理画面操作のみ理解
  • サイト制作 書籍見て作った簡単なサイト1つのみ

そして自分でイチから作った初めてのサイトがポートフォリオサイトで、たった1ページのコーディングだけで10日くらいかかりました。

今改めてポートフォリオサイトを見てみると、今なら1日かからずにコーディングできますね・・(^o^;)

そんなレベルでしたので、もちろん仕事始めてからつまづきまくりでした。

最初はWordPressサイトのお知らせ更新でそこは難なくできましたが、次はページの内容修正だったのですが、まずここで心が折れました。

数時間で終わるようなコーディング案件に、私は2、3日費やしてしまったんですね。

しかも、期日に間に合いそうもなく、結局手伝ってもらうハメになりました。

そして、次の案件はWordPressサイトのテーマ制作をやるというもので、ここでも何度も心が折れました。

もちろん質問できる環境はあるけど、そもそも色んなことがわかってないので、何をどう聞いたらいいかわからない状態です。

こんなことが続いたため、コストかけて採用してくださったのに、うまくできない自分に落ち込んでしまいました

「これは一回辞めて、出直したほうがいいのでは・・」と内心考えてしまったんです。

でも、それだと期待を込めて採用してくれた気持ちを踏みにじってしまうことになるので、諦めずに続けることにしました。

やっていることが意外と幅広かった

Web制作会社とは言っても、やっていることはめちゃくちゃ幅広いなと感じました。

私が働いているところだと、

やっている業務
  • Web制作 CMS構築、ECサイト、LPページ制作、ホームページ運用保守など
  • DTP制作 バナー制作、店舗のメニューやショップカード、チラシのデザインなど
  • 映像制作 結婚式の動画、イベントの動画など

メインはWeb制作ですが、いろいろやっているんですよね。(私が知らないのも過去にあると思う)

私はコーダーなのでデザイン系や映像制作はやっていませんが、Web制作会社と言いつつも業務は幅広いなあと実感。

仕事に余裕がある時は、バナー制作を練習がてらさせてもらうことがあるくらい。

やっている業務は会社によって違うと思いますが、いろいろやっているとたくさんのデザインやサービスに触れることができるので、勉強になりますね。

辛いこともあるけど、やりたい仕事だから頑張れた

最初の方でもお話しましたが、採用されたての時はあまりにも自分のスキルがなさ過ぎて、一旦辞めて出直したほうがいいかもと思ったくらいでした。

でも、なぜこの仕事を選んだかというと「やりたい仕事だから」です。

弱小なスキルセットでも働くチャンスを与えてくれたことに感謝しなければならないし、簡単に諦めてはいけないと思いました。

そう思って続けていたら、少しずつではあるけど壁を乗り越えられるようになったんですよね。

その壁を乗り越えた時のうれしさは本当に、サイッコーです!!

壁っていうのは、ちょっとしたエラーを解決したとか、本当に小さなことなんですよ。

でもね、めちゃくちゃ感動します。

できた時は「やったーできた!」って独り言ブツブツ言ってますからね。笑

このうれしさをたくさん感じられるから、やっぱり諦めずに続けてよかったって思います。

市役所にいた時は、仕事が合わなくてそういう嬉しさをあまり感じられなかったから、なおさらうれしいんですよね。

だから辛いことがあっても頑張れてしまうのです。

やりたい仕事は、毎日楽しいことばかりじゃない!けどやっぱり楽しい

やりたい仕事だからと言って毎日めちゃくちゃ楽しい!わけでもない。

これが実際に働いてみて感じた正直な感想でした。

でも楽しいなって感じられるところは

楽しさを感じられるところ
  • 達成できた時の喜びがめちゃくちゃ大きい
  • 壁ができても乗り越えよう!と頑張れる
  • 自分のペースでやれる(至急案件は除いて)
  • いろんな作業があるので、飽きにくい(その時の案件の状況によるが)

所々に楽しさを感じられる要素がある感じですね。

仕事をしていく上で心折れそうになったことは何度もあるけど、それは自分の出来なさが悔しいだけで、もうこの仕事やりたくないな・・と思ったことはありません。

何度も言いますが、やりたい仕事だからなんでしょうね。

私のようにアラサー未経験でWeb制作の仕事に転職したいなって考えているあなたは、いろいろ不安に感じているでしょう。

私も当時は同じ気持ちでした。

でも、やってみたら意外と何とか頑張れるものです!

やりたい仕事ならきっと同じように乗り越えられると思いますよ。

少しでも参考になったらうれしいです。

それではっ








ブログの更新通知を受け取る

最新情報をすぐに受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA