三角コーナーは必要?いらないメリット5つ【断捨離】




こんにちは、アヤトです(^o^)丿

2年前の入院をきっかけに断捨離に目覚めました。

断捨離をしていくうちに気が付いたことは、大体の物は「無くても平気」でした。

その1つがキッチンにある「三角コーナー」です。

でも、普段使っていた物が急に無くなると本当に大丈夫?という気持ちになりますよね。

答えは全然大丈夫です。

むしろいいことだらけでしたのでご参考になればと思います!

三角コーナーがいらない5つのメリット

シンクの中が広くなった

これが一番大きいです。

上の写真は私のキッチンのシンクです。

すっきりしていませんか?

私の家はキッチンとリビングが一体型になっているためキッチンが丸見えです。

物が多くなるとそれだけ見栄えが悪くなります。

シンプルにしたい方にとっては、極力物を置きたくないですよね。

三角コーナーが無くなるとこのとおり、すっきりします。

↓以前も同様の悩みについて書きましたので良ければお読みください↓

【セリアでお得に悩み解決】シンプルなデザインのキッチングッズ~食器洗剤ほか~

2018年7月24日

【セリアでお得に悩み解決】シンプルなデザインのキッチングッズ~油はねガード~

2018年7月23日

洗い物をする時の邪魔が無くなった

イメージ写真です。

洗い物がたまると三角コーナーのスペースが邪魔になります。

三角コーナーが倒れて中の生ゴミをばらまいてしまうなんてこともありませんか?

無くなればそういう心配はありません。

三角コーナーの掃除をしなくて良い

ずっと使っていると水垢がつきますよね。

汚いものは極力触りたくないと思います。

無くなればその掃除をする苦労が無くなります!

ゴミが溜まっているのを見なくて良い

ゴミ箱を開けた時に大量にたまっているゴミを見て「うわ・・」って思いませんか?

それは三角コーナーも同じで、視覚的に不快になる方もいるのではないでしょうか。

無くしてしまえばそういう不快な思いをしなくなります。

臭いがなくなる

たまに三角コーナーのゴミ捨てを忘れることはありませんか?

時間が経つと雑菌が繁殖して嫌な臭いがしますよね。

夏場は特に1日、いや半日でも臭ってくることが・・。

無くなればそういう心配はありません。

三角コーナーを使わない捨て方3選

排水口用のネットを取り付けてそのまま流す

100均などにもある排水口用の水切りゴミ袋1つで簡単に捨てられます。

とりあえず生ごみを排水口に流してしまいます。

そして生ごみの溜まったネットを取りだして捨てるだけです。

私は臭いを防ぐためにポリ袋に入れて捨てています。

ご家庭によっては様々かと思いますが、私は三角コーナー用と排水口用の2種類のネットを使っていました。

この方法だと2つ分処理をする必要が無く、1回で済みます。

使い捨ての水切りネットを使う

ネット素材や、袋タイプの物などがあり、ダイソーなどでも売られています。

自立型になっているので使い捨て三角コーナーのような感覚で使えるものです。

色んなデザインの物があるので、お気に入りの可愛いデザインのものを置いておくのもいいかも知れませんね。

新聞紙やチラシなどで箱を作る

新聞紙には吸水力があり脱臭効果もあると言われています。

ただし、毎回箱を作ることになるのでその部分はデメリットになる人もいるでしょう。

無い方が楽。三角コーナー手放しませんか?

KateCox / Pixabay

5つのメリット

・シンクの中が広くなる
・洗い物の邪魔が無くなる
・三角コーナーの掃除の手間を省くことができる
・無い方が視覚的に良い
・臭いが無くなる

いかがでしたか?

普段使っているものは便利だから使っていると思いがちかもしれませんが、意外と無くても大丈夫なものです。

むしろ無い方が良かったなんていう気付きもあります。

少しでもご参考になればと思います。

それではっ








ブログの更新通知を受け取る

最新情報をすぐに受け取れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA